今人気の婦人科形成手術といえば小陰唇縮小の手術

女性に人気の婦人科形成

ヒップ

満足度が高い

小陰唇縮小は人気がある婦人科形成手術です。肥大した部分を切除して縮小する手術で、手術をした多くの女性が大きな満足感を得ています。プチ整形ではなく高周波やレーザーメスで小陰唇そのものを切除するので、半永久的な効果があります。縮小手術をする前によくカウンセリングをして、どういう形にするのか決めます。そしてアンダーヘアの剃毛をし、部分麻酔をしてから手術を行います。手術中は意識はありますが、幹部だけ麻酔が効いている状態です。手術の仕方にもよりますが、単純切開なら15分ほどで終わります。手術費用は麻酔代、薬代、抜糸代込みで10万円〜20万円程度です。片方だけ手術を希望する場合は半額になるのが一般的です。

大きさには個人差がある

小陰唇の大きさについては標準サイズがなく、個人差があります。大きくなる理由は遺伝が最も多く、ジーパンや自転車などの物理的な刺激を受けて大きくなる場合もあります。目安としては両足を開いて少し出ている程度なら問題ないとされています。しかし、人と比べることができない部分のため、問題ない大きさでも悩んでいる女性が多いようです。小陰唇縮小は、大きくなった部分を外側から完全に除去する外科手術です。ただ縮小するだけではなく、ごく自然になるように丁寧に手術をしてくれるので安心です。クリニックによっては、形をハート型に整える手術もしています。また、色素沈着した表面の部分を切除すれば、黒ずみが気にならなくなります。

負担の少ない婦人科形成

困る女性

女性器の悩みを持たれている人が多いですが、小陰唇が肥大したり、黒ずみが目立つので、コンプレックスを感じている人が多いです。婦人科形成の専門クリニックでは、小陰唇縮小の施術を行っており、肥大した部分を切除して、丁寧に縫合してもらえます。

様々な年齢層で人気

お尻

小陰唇は、女性に大切な膣やクリトリスや尿道を、衝撃や最近から守ってくれる重要な部位です。ですが、その大きさやバランス、色などから、多くの女性のコンプレックスの種で、様々な年齢層で小陰唇縮小手術を受ける人がいます。全体に縮小したり、左右差やバランスを整えたり、たるみや黒ずみを解消できます。

手術の特徴と注意点

レディー

小陰唇は他人と比べることができないので、ひとりで悩んでいる人が多い部位です。しかし、女性器の形成手術ができるクリニックで手術をすれば、そんな悩みが解消します。小陰唇縮小手術をするなら注意点を把握しておくことが大切です。