今人気の婦人科形成手術といえば小陰唇縮小の手術

様々な年齢層で人気

お尻

下調べが重要

小陰唇は黒ずみや大きさなど、女性の悩みの原因になりやすい箇所です。しかし、小陰唇は、細菌や衝撃から尿道やクリトリス、膣を守ったり、尿の飛び散りを防止するなど大切な役割をしています。このように小陰唇は大切な役割をしていますが、大きさや分厚さがあまりに大きいと、自転車にのったときにこすれて痛かったり、座った時に圧迫されて辛かったり、汚れがたまりやすく臭いの原因になったり、悩みの原因にもなります。また恋人から大きさを指摘されたり、自分自身で感じたり、介護に向けて形を整えたり、年齢を問わずさまざまなきっかけで、小陰唇縮小手術をされるかたが大変増えています。もし縮小手術を受けるクリニックを選ぶときは、大切でデリケートな場所ですから、事前に下調べをして安心できるところを選びましょう。あまり小さくしすぎると尿がしにくいなどの不都合もあるので、経験値があって、形をきちんと話し合える医者を選ぶことが大切です。また、女性のほうが話しやすいなら、女性医師、女性スタッフのみの病院もあります。またプライバシーに配慮があるクリニックだと、安心ですね。

手術の種類

小陰唇の縮小手術は、目的別に四種類ほどに分けられます。まず一つは、全体的に小さくするものです。全体的に大きいことは、遺伝性である可能性が高く、大きすぎると小陰唇肥大ということになります。このような場合は、医者と大きさや形を相談して決めて、ひだの形や厚さを調整しながら形を整える手術をします。所要時間は40分から50分程度です。二つ目は、左右の差を等しくし、形をバランスよく整えるものです。見た目のこともそうですが、パンツスタイルで陰部が圧迫されたときに、片方だけ痛みを感じるなど、日常生活に不便がある人が受けることも多いです。三つ目は、大陰唇とのバランスから縮小するものです。大陰唇から小陰唇が過剰にはみ出すと、こすれや黒ずみの原因になります。またバランスが悪く見た目を気にする方も受ける手術です。最後は、加齢によるたるみや黒ずみを解消するものです。閉経とのかかわりで、小陰唇が大きくなったり、黒ずみが目立ったする人が、黒ずんだり、たるんだ箇所を除去する手術になります。このようにさまざまな年齢層で、様々な目的や理由から、小陰唇手術をする人がたくさんいます。