今人気の婦人科形成手術といえば小陰唇縮小の手術

手術の特徴と注意点

レディー

手術の注意点

美容整形手術の中には「小陰唇縮小手術」があります。人よりも小陰唇が大きいと悩んでいる人でも、女性器の形成手術をしている美容外科クリニックに相談すれば解決します。小陰唇縮小手術はメスを使う外科手術なので、手術にはリスクが伴います。後悔しないように、なるべく女性器形成の専門クリニックで手術を受けるのがお勧めです。小陰唇の縮小手術の時間は約20分ほど、日帰りでできます。手術をしたあと数日間出血が起きるため、しばらくは生理用のナプキンをしておく必要があります。また、患部に刺激を与えると腫れが引くのが遅くなるので、触らないように注意することが大切です。シャワーは手術の翌日から、入浴は一ヵ月後から可能です。

悩みが解消する

小陰唇には個人差があり、形も大きさも色あいも人によって違います。しかし、他人と比べることが難しいので、一人で悩んでいる女性もいます。それがコンプレックスになってしまうと、恋愛に消極的になったり、自分に自信が持てなくなることもあります。そういう女性でも、小陰唇を縮小する手術をすれば悩みが改善します。小陰唇の縮小手術が受けられるのは、女性器の形成手術をしている美容外科クリニックです。手術にかかる費用は、麻酔代や薬代などすべて含めて10万円〜30万円が相場です。美容外科クリニックによって小陰唇のカットの仕方が違います。基本的に傷口が目立たないように綺麗に手術をしてくれるクリニックほど、手術費用が高くなります。